こんな症状の方がおいでになっています

こんな症状の方が改善しています。

 

1.身体の痛み、しびれ、だるさ

 

どんな治療をしても治らない首や腰の痛みや肩こり。これらはいずれも筋肉の緊張が原因です。その原因として脳から筋肉に「緊張しろ」という命令が出たままになっている可能性があります。特にむち打ち損傷で自律神経に不調をきたした「バレ・リュー症候群」では頭蓋骨矯正の手技が奏功することが多いです。提携先の医療機関で線維筋痛症やサルコイドーシスなどのクライアントを拝見することもありますが楽になったと喜んでいただいてます。

 

2.耳や目、鼻の症状

 

ずっと病院に行っているけど一進一退、というケースが多いのは耳鼻咽喉科の待合室の混雑具合を見てもわかります。たとえば滲出性中耳炎の場合耳管が癒着を起こしていることが多いです。私の子供も滲出性中耳炎で長いこと病院にかかっていたのですがこの癒着をとってやると簡単に治ってしまいました。花粉症や鼻炎にも良い効果が出ています。目の不調からくる頭痛のクライアント(50代)に頭蓋骨矯正の施術をしたら、運転免許の切り替えの時に「眼鏡等」の条件がなくなってしまった、というケースもあります。

 

3.学習障害、その他発達障害

 

グレーゾーンやらボーダーの子供さんも含めて大きな問題になっています。親御さんだけではなく子供たち自身も大変だと思います。基本的に学習の問題は目や耳を調節する筋肉が緊張したままになってしまい情報の取捨選択ができなくなってしまったことが原因であると考えています。教科書を読み飛ばしてしまうのも先生の話に集中出来ないのもこれで説明できます。成績が上がった例はもちろんですがチックが短期間で軽快したこともあります。現在学習障害の改善に力を入れています。